こうして彼は屋上を燃やすことにした【あらすじネタバレ感想】「鳥肌モノ」と麻枝准が賞賛した、カミツキレイニーの青春小説!

あらすじ

「鳥肌モノ」と麻枝准が賞賛した、青春小説

「他に好きな人ができたんだ」
「い、嫌だっ」
彼氏のアメくんにフラれて生きる希望を失った私は、衝動的に学校の屋上へと向かう。身を投げるために。
けれどそこで私は、「ライオン」「ブリキ」「カカシ」と『オズの魔法使い』になぞらえて呼び合う奇妙な3人と出会う。みんな私と同じように死にたいと思っていて、だけど3人は「復讐してから死ぬんだ、あなたもそうしませんか」なんてあっけらかんと言う。拍子抜けして、自殺する気がしぼむ私。そして、アメくんとの思い出に彩られていない唯一の場所である屋上へと、日々、私の足は向くことになる――。

「独特の空気感を纏ったジュブナイル小説(あえてライトノベルとは呼びません)。オズの魔法使いに登場するキャラクター名で記号的に呼び合う仲間たちの物語なので、その空気が後半まで壊れない。そしてそれを壊す時=その隠されていた登場キャラクターの名前が一気に明かされるシーンは、鳥肌モノでした」と『CLANNAD』『AngelBeats!』の麻枝准氏が賞賛した、第5回小学館ライトノベル大賞・ガガガ大賞受賞作。誰もが経験する恋愛の痛みを、こぼれ落ちそうな思春期の内面を描き切った、青春小説。

(ガガガ文庫より)

感想・レビュー

第5回小学館ライトノベル大賞“ガガガ大賞”受賞作。

旧題「こうして、彼は屋上を燃やすことにした」。

ネタバレ含みます。

カミツキさんのデビュー作です。ずっと気になって積読してしまってました。

かりゆしブルー・ブルー 空と神様の八月」の方を先に読んでいたので、空気感が全然違って驚きました。

『オズの魔法使い』をモチーフに、各キャラがその名を使って、各々の復讐に挑んでいきます。

後半手前で、一気に名前が明かされるシーンで、うわっ、叙述ってなりました。上手かったです。

女主人公なのにタイトルも中々、憎くくてセンスを感じました。

それよりソラってかりゆしの白狼氏の空ちゃんから使ったのかとても気になました。

紹介した本