ようこそ実力至上主義の教室へ 11【あらすじネタバレ感想】綾小路清隆VS坂柳有栖、1年生最終試験が開幕する!

あらすじ

綾小路VS坂柳の頂上決戦!1年最後の特別試験開始!

初めて出た退学者の衝撃冷めやらぬ中、1年最後の特別試験『選抜種目試験』がついに告知された。内容は総合力が問われるもので各クラスは筆記試験、将棋、トランプ、野球等、勝てると思う種目を10種選抜。本番では1クラスを相手に、ランダムに選択された7種の種目で争うというものだ。また各クラスには1名司令塔が存在し、勝てば特別な報酬が得られるが負ければ退学となるらしい。綾小路は自ら司令塔に立候補。そして坂柳が望んだ通り、AクラスとCクラスとの試験対決が決定する。「だが私は楽しみになったぞ綾小路。これでやっと、おまえの実力を見られるんだからな」綾小路VS坂柳の激戦必至の一騎打ち始まる!

(MF文庫Jより)

感想・レビュー

さぁいよいよ一年生編最後の特別試験がはじまります。

今回も相変わらずよう実していて面白かったんです。けれど最後の理事長介入が判断難しいなと感じました。

最初意味分からなくて二度読み直して理解。大量の人員とマシンって。笑

この先何かあるのは確かなんだろうけど、最終試験とVS坂柳だったのでどこかモヤモヤ感が残る。

前の10巻が面白すぎたのもあるかもしれませんが。

平田の件もいいんだけど何かが足りない気もしなくもない。

高円寺は相変わらず謎のまま。個人的に好きなキャラだが。

堀北ちゃんのご飯や、軽井沢のくだりはとても良かったです。

次巻は短編三弾。補完を楽しみにしておきます。

紹介した本