ようこそ実力至上主義の教室へ 3【あらすじネタバレ感想】無人島サバイバル試験開幕!

あらすじ

コミカライズ連載開始!

季節は夏。期末テストを乗り越え夏休みを迎えた清隆たちに高度育成高等学校が用意していたのは、豪華客船による2週間のクルージングの旅だった。喜ぶ面々だったが、完全実力主義の学校が単なる旅行を計画するわけもなく、船は無人島に到着。そこで本年度最初の特別試験――無人島でのサバイバルが通達される。生活物資は試験用に与えられたポイントで購入可能。だが試験終了まで保持したポイントは2学期からの
学校生活にプラスされるという。上位クラスとの差を埋めるため、最底辺のDクラスはポイントの不使用を画策、サバイバルな生活に乗り出そうとするが、特別試験は甘いものではなく――!? 大人気クリエイターコンビが贈る、新たな学園黙示録第3弾!?

(MF文庫Jより)

感想・レビュー

今回は夏休みのバカンスという名の特別試験。

色々と無人島やポイント制度に関してもこの学校凄すぎるんですけど、この世界観が物語を面白くさせる為にしっかりと機能してるのを感じた3巻でもありました。

それぞれのクラスの思惑がこれからの展開に繋がっていくのだろう。

また綾小路と茶柱先生の絡みが、面白すぎて毎巻楽しみに待っている自分がいます。

そしてDクラスの面々もどんどん明るみに出てくるのも、面白かったです。

その中でも、クラスの人気者である平田は異常なくらい歪に見える。あと綾小路も。

早く続刊を読み進めたい。

ps:鈴音挿絵が可愛い。

ようこそ実力至上主義の教室へ全巻紹介してます↓

紹介した本