ようこそ実力至上主義の教室へ 5【あらすじネタバレ感想】体育祭開幕!おまえにオレが葬れるのか?

あらすじ

今度の舞台は、究極の実力勝負の体育祭!

長い夏休みを終えたDクラスを待ち受けていたのは体育祭。だが、高度育成高等学校の行事が生半可なものであるはずもない。全学年が赤と白の二組に分かれ勝敗を競う体育祭で、DクラスはAクラスと共にB&Cクラス連合と戦うこととなった。さらに全ての競技に順位がつけられ、順位ごとにポイントを得られるという。ここまで足を引っ張る存在だった須藤が一躍Dクラスの切り札となり、運動自慢達が腕を鳴らす。一方、自分のやり方を変えず周囲と軋轢を生む堀北。その隙をCクラスの首魁たる龍園と影に潜む裏切り者が見逃すはずもなく――!? 大人気クリエイターコンビが贈る、新たな学園黙示録第5弾!? 究極の実力勝負の体育祭が始まる。

(MF文庫Jより)

感想・レビュー

ついにシリーズも第五巻ですね。

あれ、体育祭ってこんなにヤバいイベントだったけ?というのがよう実らしくて良かった。笑

堀北ちゃんが滅多打ちされ、生まれ変わる過程は結構心が痛んだが、一皮剥ける事が出来て一安心。

そして今回の綾小路は、先手を既に打っていて、最後に目立つというこの行動、タイミングにこれからどう響いてくるのか、ワクワクが止まらないです。

須藤をメインに櫛田も一巻ぶりに闇を曝け出す。

あと軽井沢の立ち位置が妙に可愛く感じてしまう。良いですね。

綾小路と堀北兄こと生徒会長との、ただリレーで一緒に走るだけの勝負にここまでニヤニヤしたのは初めてだ。

そして終盤の綾小路と坂柳。

その怪しい掛け合いについニヤけてしまう。

「おまえにオレが葬れるのか?」

やっぱりこのシリーズは間違いなく面白い!

よう実が好きな方はこちらも見ていってください↓

紹介した本