ソードアート・オンライン 12 アリシゼーション・ライジング【あらすじネタバレ感想レビュー】(電撃文庫・川原 礫)

あらすじ

最強の整合騎士たちがキリトとユージオを襲う──!

幼少の頃から追い求めた少女・アリスとついに再会したユージオ。しかし、そのアリスに、昔の──≪ルーリッドの村≫時代の面影は無かった。禁忌目録を破ったキリトとユージオを捕らえるために来たというアリス。 彼女に幼少の記憶は無く、そして自身を≪整合騎士≫と名乗った。 ≪公理教会≫の象徴≪セントラル・カセドラル≫の地下牢に繋がれたキリトとユージオだが、キリトの機転でどうにか脱出を果たす。キリトが≪外部≫の人間であることを見抜いた謎の少女・カーディナルの助けをかり、二人はアリスを≪本当の姿≫に戻すため、塔の頂点を目指す! しかし、≪シンセサイズの秘儀≫により生まれた最強の戦士たちが、キリトとユージオの前に立ちはだかる──!

(電撃文庫より)

感想・レビュー

この12巻の表紙は整合騎士の二人ですね。まさにアサシンというか、これも悲しいので割愛します。

さてキリトたちはカーディナルに導かれて塔を登っていきます。

この辺の話も夢中で読んだ記憶がありますなぁ。

塔を登って行く感じが何かアインクラッドを想起させるような、RPGダンジョンの感じというか。

アドミニストレータなどこの歪な整合騎士システムが結構残酷で、でも結局キリト強かったなあと思う。

アンダーワールドは今までゲーム世界と違ってバトルに剣も魔法もあるからそれが造語になって、システムコールはかっこよかったなあと十代にはぴったり作品だ。

もうこの時にはリズやシリカがMORE出番みたいな感じになったような気がします。笑

紹介した本