ソードアート・オンライン 16 アリシゼーション・エクスプローディング【あらすじネタバレ感想】(電撃文庫・川原 礫)

あらすじ

アリシゼーション≪アンダーワールド大戦≫編、緊迫!

人界暦三八〇年十一月。
アンダーワールド全土を混沌に巻き込む≪最終負荷実験≫の幕が上がる。
暗黒神ベクタことガブリエル・ミラー率いる侵略軍50,000に対するは、整合騎士ベルクーリ率いる人界守備軍3,000。
≪霜鱗鞭≫のエルドリエ、≪熾焔弓≫のデュソルバート、の副団長・≪天穿剣≫のファナティオら整合騎士は、数的劣勢を跳ね返すべく奮闘を続けるが、敵軍の尖兵たる山ゴブリン族は奸計を用いて防衛線をすり抜け、後方の補給部隊を狙う。心神喪失状態のキリトを守る少女練士ロニエとティーゼに危機が迫る。
更に、侵略軍一の奸智を誇る暗黒術師ギルド総長ディー・アイ・エルもまた、恐るべき大規模術式によって守備軍の殲滅を図る。対する守備軍の総指揮官、整合騎士長ベルクーリがとった作戦とは……。そして、現実世界からアンダーワールドへログインしたアスナの行方は――!

(電撃文庫より)

感想・レビュー

壁が壊れるところは興奮と不安が交わった緊張感のある良いシーンでしたね。

ついにアンダーワールド大戦が開幕し、それぞれの選局で戦いが幕を開く。

もうこの辺は読みごたえしかなかったと思います。

敵の暗黒騎士も整合騎士もロニエもディーゼも総力戦。それぞれの想いを胸に終焉はどこへ向かうのか。

そして表紙のアスナ神降臨という。普通にネタバレでしたけど、まぁ面白いので良いです。

紹介した本