ソードアート・オンライン 15 アリシゼーション・インベーディング【あらすじネタバレ感想レビュー】(電撃文庫・川原 礫)

あらすじ

国内累計920万部突破のSAO最新刊!

「キリト、教えて……。私は……どうすればいいの?」 最高司祭アドミニストレータを倒した代償、それはユージオの死、そしてキリトの精神喪失だった。 激闘から半年後。アリスは、意志の無い虚ろな表情で車椅子に乗るキリトと≪ルーリッドの村≫に身を寄せていた。 整合騎士としての役目≪人界の守護≫をベルクーリに託したアリスは、心を失ってしまったキリトと静かに暮らすことを選んだのだ。そして、≪アンダーワールド≫には、賢者カーディナルの預言した≪最終負荷実験≫が刻一刻と近づきつつあった……。 ≪ダークテリトリー≫からの邪悪な息吹が≪人界≫に流れ込み始める。ついに、恐るべき闇の軍勢が動き出そうとしていた。

(電撃文庫より)

感想・レビュー

いよいよここからアンダーワールド大戦に突入します。

だが物語は抜け殻になったキリト。

アリスがキリトを介護するシーンや木こりくだりなど、この二人の生活は何か静かな悲しみが心に訴えかけてくるような気持ちで読んでいました。

多くのものを救った代償は大きいが、まだアンダーワールドからはキリトは出られない。

あとはガブリエルの異常性も今後の戦いに繋がる流れになるでしょう。

今後も楽しみですね。

紹介した本