ソードアート・オンライン 7 マザーズ・ロザリオ【あらすじネタバレ感想】(電撃文庫・川原 礫)

あらすじ

キリトとシノンが巻き込まれた《死銃(デス・ガン)》事件から数週間。 妖精アバターによる次世代飛行系VRMMO《アルヴヘイム・オンライン》にて、奇妙な騒動が起こる。新マップ《浮遊城アインクラッド》、その第24層主街区北部に現われる謎のアバターは、自身の持つ《オリジナル・ソードスキル》を賭け、1体1の対戦(デュエル)で、すべてを蹴散らし続けているという。 《黒の剣士》キリトすらも打ち負かした、《絶剣》と呼ばれるその剣豪アバターにアスナも決闘を挑むのだが、結果、紙一重の差で敗北してしまう。 しかし、そのデュエルが終わるやいなや、《絶剣》はアスナを自身のギルドに誘い始めた!? 《絶剣》と呼ばれるほどの剣の冴え。そこには、とある秘密が隠されており──。 『マザーズ・ロザリオ』 編、登場!

(電撃文庫より)

感想・レビュー

いよいよユウキ回です。

これは悲しいけど、感動しましたね。

舞台は現実と再びALO。アスナとユウキの出合い。

こういうやり方もあるんだな、広がるなあと思った。

川原先生はどの段階からこの話を書こうと思っていたのだろうか、気になりますね。

少しづつゲーム世界観が埋まっていくのが純粋に面白いし、やはりメディアミックスやゲームにもとことん向いている。

関連記事

紹介した本