タタの魔法使い【あらすじネタバレ感想】クラスごと異世界転移。将来の夢が具現化する。

あらすじ

応募総数5,088作品の頂点――第24回電撃小説大賞《大賞》受賞作!

2015年7月22日12時20分。弘橋高校1年A組の教室に異世界の魔法使いを名乗る謎の女性、タタが突如出現した。後に童話になぞらえ「ハメルンの笛吹事件」と呼ばれるようになった公立高校消失事件の発端である。
「私は、この学校にいる全ての人の願いを叶えることにしました」
タタの宣言により、中学校の卒業文集に書かれた全校生徒および教職員の「将来の夢」が全て実現。そして、あらゆる夢が叶った世界が現れる。だがそれは、ある生徒の『異世界を旅したい』という願いが実現したことによる異郷の地だった――。
現実から隔絶された世界での彼らの武器は、かつての夢。日本へ帰還するため、全校生徒による過酷な異世界サバイバルの幕が上がる。

(電撃文庫より)

感想・レビュー

第24回電撃小説大賞’大賞’受賞作

面白かったですね。かなり尖ってましたけど。

よくある異世界ものではあるんですけど、この手のタイプは見たことはなかったですね。

まずクラスが異世界に飛ばされて、高校生各々の夢が具現化する…と思いつくのはタダだけどそれを物語に落とし込むのが大変そうですが、よく作られていたかなと思います。

さらにそこにインタビュー形式(レポ?)で話が進んでいきます。この辺も新人賞らしく挑戦的で良いですよね。

結構シビアなサバイバル感で物語が進んでいきますが、学生らしい一面もありバランスも取れていたかなと。

この初巻だけでも十分に読む価値はあったと思います。

大賞とるのも何となく分かる気がする挑戦的な作品。多分著者さんにしか書けないような感じです。

イラストレーターも有名な漫画さんだったかと。

余談ですが、私はタイトルをカタカナ表記で「タタ」だと思っていたんですけど、漢字で「ゆうゆう」って読みらしいです。笑

合わせて読みたい

歴代の【電撃小説大賞】受賞作を振り返ってみよう!

続きを読む

紹介した本