ロクでなし魔術講師と禁忌教典【あらすじネタバレ感想レビュー】(ファンタジア文庫・羊太郎)

あらすじ

あなたの知ってるその魔術は、ホンモノですか?

……自習。清々しく大遅刻した非常勤講師グレン=レーダスは、そう黒板に書ききってから居眠りに入った。生徒たちはグレンの奇行に不審がるも、その原因は生徒たち自身の“当たり前”が生んだ、重大な誤解で――!?

(ファンタジア文庫より)

感想・レビュー

第26回ファンタジア大賞“大賞”受賞作。

旧題「ニートなボクが魔術の講師になったワケ」。

ファンタジー世界観ぶっこんでくる作品でしたね。

新人賞にしてはかなり完成度が高いと思えました。

まさにファンタジア文庫って結構こういう作品好きですよねっていう感じ(いい意味で)。

物語自体は純粋に楽しめました。

でもこの手の世界観は楽しいけど、やや前半が退屈するような感じもしますけど、仕方ないかなと。

主人公のバランス感覚も上手く感心しました。

あと三嶋くろね氏のイラストめちゃ可愛いですね。

余裕があったら続編も読んでみたい気もしますけど、どうだろう。

紹介した本