人間になりたがった猫【あらすじネタバレ感想レビュー】(てのり文庫・ロイド・アリグザンダー)

あらすじ

人間の言葉が話せる猫ライオネルは、人間になるのが夢だった。ある日ライオネルは、魔法使いの主人ステファヌスに口答えをしてしまう。その「罰」として、ステファヌスはライオネルを2日間人間に変える。

それから、人間の街「ブライトフォード」で、数々の危機に見舞われながらも、ライオネルとその仲間は、「仲間」の必要性、重要性に気が付いていく。

(てのり文庫より)

感想・レビュー

猫が人間になって、世界の現実を見る。あまり詳細に覚えていないけど、良き児童文学?だったなという印象は残っています。

普遍的な風刺劇でもあった。

確か昔劇団四季で見た記憶があるような……。

紹介した本