占星術殺人事件 改訂完全版 【あらすじネタバレ感想】四十年以上の未解決事件に探偵・御手洗潔が挑む!

あらすじ

密室で殺された画家が遺した手記には、六人の処女の肉体から完璧な女=アゾートを創る計画が書かれていた。彼の死後、六人の若い女性が行方不明となり肉体の一部を切り取られた姿で日本各地で発見される。事件から四十数年、未だ解かれていない猟奇殺人のトリックとは!? 名探偵・御手洗潔を生んだ衝撃のデビュー作、完全版! 二〇一一年十一月刊行の週刊文春臨時増刊「東西ミステリーベスト一〇〇」では、日本部門第三位選出。

(講談社BOOK倶楽部より)

感想・レビュー

島田荘司さん初読みになります。

現代ミステリより以前「新本格」を生み出す先駆け的な存在の作品が今作にあたるとか。

とりあえず読んでみることに。

最初は手記から始まり、戦前、昭和十年頃に起きた鏖殺事件は以後四十年間誰も犯人を特定することが出来なかったところからこの物語は始まる。

占い師の顔を持つ、典型的な探偵の御手洗と、助手の石岡君が依頼者をきっかけに謎を解くことに。

なにせ物語内では四十年以上の月日が流れているので、どうやって犯人なんて見つけるのだろうか、とまず私はミステリ的興奮をこの時点で少し覚えました。笑

だけど現実的に考えてもう誰も生きていない可能性もある。でも著者さんは伝家の宝刀・挑戦状を放ちもう前半に全てのヒントをフェアに公開しているという。

結構自分でも考えてみましたが、やっぱり分からず。でも楽しめたかなと。

確かにフェアだけど、驚きがそこまでないのも事実で、、

けれどこの作品のすごいところは、ハウダニットからフーダニット、そして最後の手紙でこの物語が終わるのですが、このホワイダニットまでの一連の流れが、畳み掛けるように流れていくので読後感の余韻が素晴らしいことにあります。

現代の本格では、やはりフーダニットで驚かされることが多いのですが、やはりこの作品が後世のミステリ界に与えた衝撃は大きいのも頷けます。

占星術的なこともあって、キーキャラクターを覚えるが大変なことが瑕ですが、探偵・御手洗のキャラクターはホームズ形式と王道ですが、やはり何年経って良いものだなぁと思います。

まぁその御手洗がホームズをめっちゃ貶すのですでめっちゃ笑いましたけど、まぁそれもホームズ作品の愛嬌とも言えますかね。

島田荘司さんは、この作品が江戸川乱歩賞の最終候補に入り、入賞はしませんでしたが、デビュー作となります。

本人のあとがきも結構楽しめて読めますので、是非ともこの改訂完全版の文庫本で読むのもお勧めできるかと思います。

それでは今日はこの辺でお別れです。さようなら〜。

紹介した本