君は月夜に光り輝く【あらすじネタバレ感想】佐野徹夜のデビュー作/第23回電撃小説大賞’大賞’受賞作

あらすじ

選考に関わる全ての人の心を震わせた、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作

この圧倒的感動に、山口幸三郎、綾崎隼も大絶賛!
読む人すべての心をしめつけ、4,878作品の頂点に輝いた、最高のラブストーリーがここに――。

大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。
余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。

「しっとりと心に染み渡る、美しい恋物語」「参りました。泣きました。生きていく――そのための力を読者にプレゼントしてくれる」と、なみいる選考委員も涙した、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作。
刊行にたずさわったみんなの心を揺さぶった、“今を生きる”すべての人に届けたい感動のラブストーリー。

(メディアワークス文庫より)

感想・レビュー

第23回電撃小説大賞’大賞’受賞作。

もちろん佐野徹夜さんのデビュー作になるので初読みになります。

電撃大賞の23回は「86−エイティシックス−」しか読んでおらず、いつかダブル大賞の本作を読もうと思ってかなりときが経ちましたが何とか無事読了。

如何にもお涙頂戴な作品だと思って、絶対泣かないつもりだったのに終盤普通に泣いてました。笑

文体の勢いは、流石と思わせる新人賞らしく、登場人物も物語を深めていく流れに沿っていて上手いです。

ただ泣いといてこんな事言うのもあれなのですが、何かがガッチリ噛み合わなかった印象も受けます。

それが主人公なのか。発光病の彼女なのか。原因がいまいち分かりません。

文体の好みとか、ズレかしら。良作である事は間違いないです。

紹介した本