太陽の季節【あらすじネタバレ感想】石原慎太郎の芥川賞受賞作にして衝撃のデビュー作!

あらすじ

戦後の青春はこの1冊から始まった。ドラマ化で話題の表題作のほか、伝説の名作「乾いた花」全面改稿決定版、あとがき「青春のピュリティ」、「処刑の部屋」、「完全な遊戯」、「ファンキー・ジャンプ」を収録。

(幻冬舎より)

感想・レビュー

第一回文學界新人賞受賞、第34回芥川賞受賞作

表題作「太陽の季節」ほか四編が収録。

石原慎太郎氏のデビュー作であり、初読みになります。

まさに芥川の王道新人コース。

当時はというか、未だに芥川賞で一番注目を集めたと言っても過言ではない「太陽の季節」。

とにかく全編通して、倫理観とか常識とかそういったものはない。だが世の中で似たような事が起きているのも事実かもしれず、それを読者の心へ強烈に踏み込んでくる。

だが太陽の季節はそこまでお気に召さなかった。

三島由紀は批評で父親との描写を、志賀直の「和解」に捉えていたが、確かにそういう良い部分も感じたけど、どこか稚拙な部分も目についた。

若き時の勢いは嫌いではない。「処刑の部屋」はまだ良かった。

「完全な遊戯」は胸糞悪くなるが、これを書ける作家はあまりいないのも事実。

タイトルが憎い。読ませる。でも好きにはなれない。でも実力は確かです。

合わせて読みたい

【歴代芥川賞】純文学作家の登竜門!芥川龍之介賞の受賞作を最新までまとめてみました!

続きを読む

紹介した本

Kindle Unlimited 30日間無料体験を使ってみる