時生【あらすじネタバレ感想】もしも若き頃の自分の前に、未来の息子がやってきたら…

あらすじ

不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、20年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った――。

過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。

(講談社より)

感想・レビュー

またまた東野圭吾。

珍しくSF設定を入れてきたミステリーではありましたが、やはり面白かった。

SF要素を大雑把に書くと「若かりし頃の自分の前に未来の息子がやってきた…」という感じでしたが、なるほど、東野圭吾が料理するとこういう味になるのか、と感心しました。

東野圭吾作品のうち、SF的要素を交えた作品を読んだのは『超・殺人事件―推理作家の苦悩』という短編集のとある一編でしたが、本作は長編。

それに私が読んだ文庫本の帯には、下記の様なことが書かれていてとても気になっていました。

宮本拓実、23歳。職ナシ、金ナシ。

この主人公は俺 バカなところが俺 夢もバカなところが俺」 東野圭吾

(講談社より)

そしてその主人公がとんでもない「バカ」というか、めっちゃくちゃ子供なんですよね。笑

本当に著者自身なのか、その真偽は本人しかわかりませんが、ますますエッセイを読んでみたくなりましたね。

さて、物語はそんな「バカ」な主人公・宮本拓実とその妻の悲劇的なシーンからはじまります。

二人の息子である「時生(トキオ)」が、母型の呪われた遺伝的性質の影響で、まもなく死亡するとのこと。

そんな悲しみに打たれていた二人ではありましたが、夫の宮本拓実は、長年隠し続けてきたとある秘密を妻に打ちあけます。

俺はずっと昔、トキオ(息子)に会っているんだ」云々……「はっ?」となる展開ですが、そこから若かりし頃の宮本拓実の話がはじまりました。

この時の彼とは全く別人のような、バカな奴がふてくされて生きているのですが、その前に予言通り、「トキオ」と名乗る人物が現れます。

ここから二人はとある事件に巻き込まれ、拓実の元彼女である「千鶴」を追い、東京から名古屋、大阪と場所広げ、事件の呑み込まれいきます。

紆余曲折を得て、結果的に拓実は、一人の人間として成長し、トキオはこの世から消える…という。

読後の所感としては、文章の読みやすさは言うまでもなく、相変わらず構成が巧みなことで、もう本当に上手い。これに尽きます。

主人公がバカすぎて、読んでいて多少腹が立ってくることもありましたが、それよりも事件の真相を早く知りたい、という構成が個人的には勝り、気にさせない。

著者の地元大阪(生野区)の描写は相変わらずな腕前ですが、人物像や当時の環境下などは80年代前ということで、私にとってこの時代は何度読んでも新鮮で面白い。

人によっては懐かしいとなるのかもしれませんが。

動機や真相も東野圭吾っぽいなぁと思いつつ、今や総務省、事業の一つになった郵政省など、時代性を感じるものもありました。

過去、現在、未来という時間軸の使い方も構成力で賄っており、ミステリ的解決、さらにプラスアルファのSF的展開でもって、物語をきっちりと閉じる

流石としか言いようのない感じでしたね。多少、雑に見受けられる部分もあったように思えますが、全体の完成度がそれを超えてきたかな、と個人的には思えました。

それにしても、未来の息子に若かりし頃の自分を見られるって、変な気持ちですね。笑

特にこの主人公みたいに、ギャップの激しい成長を遂げている場合は特に。まぁ珍しいことでもない気もしますが。

息子のトキオの方が断然大人でしたね。

でもこの凸凹コンビといいますか、それが作品を面白くもしていました。あとは大阪の竹美と黒人のジェシー他、登場人物もみな魅力的でした。

では今日はこの辺りで終わます。お読みいただき、ありがとうございました。

紹介した本