東京ヴァンパイア・ファイナンス【あらすじネタバレ感想】天才、真藤順丈のデビュー作!第15回電撃大賞“銀賞”受賞作

感想・レビュー

第15回電撃小説大賞“銀賞”受賞作。

真藤順丈さん初読みになります。

著者は他にも新人賞を三つとり四冠。のちに直木賞作家になる。

こうみると15回は川原礫さんが大賞、蒼山サグさんが銀賞と化物揃いの年だと思わされますね。

物語の内容は金貸し群像劇という変わり種です。

群像劇といえば同賞で第9回受賞作の著者・成田良悟さんの「バッカーノ!―The Rolling Bootlegs」もそうでしたが、また違った面白さがありましたね。

勢いがあるだけ粗もある。だが物語の筋がしっかりしてるので、最後まで楽しめます。締め方が割と下手。

タイトルにあるヴァンパイアはこの時代背景を考えると耳タコだと思いますが、少し違った角度から回収してくるので著者の変わり者が伺えます。

佐々木少年のイラストはかなりレアです。

紹介した本