禁断の魔術 ガリレオ8【あらすじネタバレ感想】ガリレオの教え子が犯した悲しき事件とは?復活の短編集

あらすじ

『虚像の道化師 ガリレオ7』を書き終えた時点で、今後ガリレオの短編を書くことはもうない、ラストを飾るにふさわしい出来映えだ、と思っていた著者が、「小説の神様というやつは、私が想像していた以上に気まぐれのようです。そのことをたっぷりと思い知らされた結果が、『禁断の魔術』ということになります」と語る最新刊。
「透視す」「曲球る」「念波る」「猛射つ」の4編収録。ガリレオ短編の最高峰登場。

(文藝春秋より)

感想・レビュー

ガリレオシリーズも第8弾です。

あらすじにも書いているのですが、前回の「虚像の道化師 ガリレオ7」で東野さんはガリレオを今後書くつもりはなかった、というのを知って驚き。

私はこのシリーズを信頼しているので、あらすじを読まずに読み始めて読了後も今知りました。笑

確かに、今思えば前回の感想にも書きましたが、そろそろ動機に限界があったように思えますし、ですが、今回はその動機にも少し変化がありました。

まだあらすじを読んでない時の私は、「お、今回の動機はいつもと少し違うぞ」と一人でわくわくしていたので、要するに今巻も面白かったということだけは、先に書いておきます。

さて今巻も通常通りの連作短編集。

「透視(みとお)す」「曲球(まが)る」「念波(おく)る」「猛射(う)つ」の4編が収録。

最後の「猛射つ」だけは、ほぼ中編ぐらいあり、その分ガリレオシリーズ長篇によくある、大事な回といいますか、湯川の人間味が色濃く出ていた作品でありました。

大体こういう回は、草薙との関係性にも注目で、内海薫の良さも笑ってしまうような、面白さでした。

ガリレオの弟子と師匠のような、関係性も読んでいて愉しかったなぁ。悲しくもあったし、その理由の引き金は、やはり男女関係だったが。笑

他3編も、過去に似たような題名であったような気がしますが、これまた違った不思議現象で、すらすらと捲る頁がとまらない。

「曲球る」に関しては、「魔球」とは違った野球を混じえたミステリで、これも良かったなぁ。短編3つに関しても、いつもと違った動機の切り口で、優しさといいますか、ガリレオシリーズに奥行きが出るような、何か良い物を読んだような気持ちにもなりました。

それにしても、幾つかの短編の殺された被害者が、あまりにも無差別すぎて大変気の毒でしたが、作中の草薙の言葉にもあるように、世の中にはそういうあり得ないことをする奴はいるんだ、と。

全体通して、相変わらずの科学トリックと、工場関連、スポーツ、恋愛など、他、東野圭吾らしいパーツがあちこちに広がっていて、それに気づきはじめるなんて、いつのまにか東野圭吾作品の沼にハマってしまっている。笑

相変わらずガリレオシリーズは、伏線の張り方や構成の絶妙な組み込み方など、技術的な完成度が非常に高いので、特に感想を必要以上に書くことがなく、純粋に読書を楽しませてもらっているので、この辺で終わりたいと思います。

とはいえ最後にガリレオは、アメリカに旅立ったが、今後どうなるのだろうか。

次回作も読む予定です。それでは、お疲れ様でした。

関連記事

紹介した本