私、能力は平均値でって言ったよね! 1【あらすじネタバレ感想レビュー】(アース・スターノベル・FUNA)

あらすじ

私、普通の女の子です!!!
ユーモラスなファンタジーの傑作、登場!私、アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。
自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18歳の日本人であったこと、幼い少女を助けようとして命を落としたこと、そして、神様に出会ったことを……

出来が良過ぎたために周りの期待が大きく、思うように生きることができなかった海里は、望みを尋ねる神様にこうお願いしたのであった。
『次の人生、能力は平均値でお願いします!』

なのに、何だか話が違うよ!

3つの名前を持つ少女、剣と魔法の世界で、うっかりS級ハンターなんかにならないように気を付けて普通に生きて行きます!
だって、私はごく普通の、平凡な女の子なんだから!

小説家になろう連載開始直後から人気爆発!
全38万作品の中で、四半期ランキング第2位となったユーモア溢れる傑作が早くも書籍化!

(アース・スターノベルより)

感想・レビュー

物語自体は普通に楽しめたかと。

イラストもアニメのキャラデザみたいで可愛いし、主人公三回くらい名前変わるけど。

あと序盤100頁過ぎて急に一年以上経過するのは笑った。

ただここからは、正直に言わせてもらうと擬音に頼りすぎて、剣戟戦なんか酷いですね。

かんかんかんかん、ぎんぎんぎんぎん、とかばかりで最早商業レベルに達しているのか?

この擬音が当たり前のように使われおり、いや漫画のほうが擬音のレベル高くないかと思った。

これのせいで物語の没入感を妨げており、読み手のテンポが悪くなる。集中出来ない。

普段から甘口の私ですけど、さすがにこのレベルの小説は純粋に厳しいなぁ。

紹介した本