舞姫・うたかたの記【あらすじネタバレ感想】(角川文庫・森 鷗外)

あらすじ

激しくも悲しい恋の顛末を描いた名作が、文字の読みやすい改版で登場!

エリート官僚の太田豊太郎は、留学先で孤独に苦しむ中、美貌の舞姫エリスと恋に落ちた。世紀末のベルリンを舞台に繰り広げられる激しくも悲しい青春を描いた「舞姫」など5編を収録。文字が読みやすい改版。

(KADOKAWAより)

感想・レビュー

「うたかたの記」「ふた夜」「舞姫」「文づかい」「普請中」の五篇が収録。

森鷗外初読みになります。

ドイツ三部作が文語体で読むのは中々に苦労しましたが、読み終えてから解説やあらすじを挟み、何とか少し理解出来たくらいでしょうか。

舞姫はまだ拾える部分が多くて助かりました。救われない結末も良き。

他にも普請中は口語体だったのですらすら読め、短い中で描れる儚さを感じました。あとここは日本だは笑う。

ぜひ現代語訳版でもう一度読んでみたい。

紹介した本