蛇を踏む【あらすじネタバレ感想】第115回芥川賞受賞作・川上弘美

あらすじ

女は藪で蛇を踏んだ。蛇は女になり食事を作って待つ。母性の眠りに魅かれつつも抵抗する、女性の自立と孤独。芥川賞受賞作他二篇

(文藝春秋より)

感想・レビュー

第115回芥川賞受賞作。

表題作「蛇を踏む」と短編二つが収録。

著者さん初読みになります。

まず「蛇を踏む」から。書き出しは良いなと私は思いました。ただ全体通して意味が分からない。というのが正直な感想。

解説を色々読んでも、分からないのが良いと言った感じもする。

著者独自の世界観、安部公房さんや円城塔さん辺りのタイプというか。

物語性もなければ文学性も殆ど感じないと選評で宮本輝と石原慎太郎が大反対していたのを見て、概ね同意見でした。

人は物事において分からない、理解できないということにまず第一に嫌悪感を抱きますからね。リアリズムを意識する人は苦手な人は苦手な作品なんだろうと思います。

寓話としてなら別に芥川賞じゃなくていいとまでは言い切らないけど、一つの作品としても否定はしないけど、推せもしないのも事実。

他2篇も理解不能に近かった。

だが勝手に選ばれた著者は一ミリも悪くないのも事実ですね。

著者の他の作品もね、芥川は変わり種の感じもあるので、機会があれば読んでみたい。

紹介した本