路地裏に怪物はもういない【あらすじネタバレ感想】伝奇小説好きは一度読んでみて欲しい。

あらすじ

平成最後の夏、最後の幻想がはじまる

一つの時代が終わろうとしている。 
高度に発達した文明社会は路地裏の暗闇さえも駆逐し、この世界に幻想の居場所はなくなった。かつて人々が怖れた怪異は、誰しもがネットで正体不明を暴けるものとなった。
そんな幻想の余地がなくなった現代社会で、十代の少年少女を中心に不可思議な現象が起きる。 
――乖異。 
己が妄執こそが真の現実だと主張する、突如顕れた新たな病魔。現実から乖離し、現実とは異なる理で世界をねじ曲げる現象。乖異によって引き起こされるは、「死者のいない」猟奇事件。導かれるように集ったのは、過去に囚われた三人。 
絶えた怪異を殺す少女・神座椿姫。 
空想を終わらせる男・左右流。 
そして、世界に残された最後の幻想である少年・夏野幽。 
一連の事件に「真祖の吸血鬼」の存在を見いだした彼らは、それぞれの理由を胸に乖異とかかわっていくことになる……。 
終わる平成。最後の夏。最後の幻想。 
旧時代と新時代の狭間に問う、新感覚伝奇小説 がここに。 

(ガガガ文庫より)

感想・レビュー

個人的に結構好きな作品でしたね。いやかなり好き。

空の境界とかが好きな人は、多分ハマると思います。

あと化物語とかも似てますかね、まぁ題材というか方向性が全然違うので、扱ってるものは似てるけど、やっぱり空の境界方向だと思います。

新感覚と謳われていますが、ゼロ年代の伝奇小説の雰囲気を纏った感じで、平成の終わりを描くという。

イラストもかなり雰囲気とマッチしており、いいスッよって感じです。

最後の終わりとかもかっこいいんですよ。

文体も鋭い感じで、スタイリッシュなタイトルも含めて全部好み。

著者を陰ながら応援したくなりました。

やっぱりやってくれるなぁガガガ文庫。

ヒロイン的?な刀の女の子もベタだけど、作品にすごいマッチしてて良い。

続刊出たら買うのに。出ないんだろうなあ。

紹介した本