魔法科高校の劣等生 1 入学編 <上>【あらすじネタバレ感想レビュー】(電撃文庫・佐島 勤)

あらすじ

累計3000万PVオーバー、話題のWEB小説が電撃文庫に登場

魔法が現実の技術となって、一世紀 ──。 新入生の季節。この 『魔法科高校』 にも、一組の血の繋がった兄妹が入学した。 兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。 妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。 どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを抱える優等生の妹。二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。

(電撃文庫より)

感想・レビュー

タイトルに〈上〉と書いていますが続刊は買っていません。

だけど普通に面白かったです。

ではなぜ〈下〉を買わなかったのか。怖かったから。

設定が物を言う世界観だというのは伝わったので、その時期は多分魔法科高校の設定を受け入れる余裕がなかったと推測しています。

ただのめり込んだら面白いんだろうなあとは思っている。アニメと映画は見ました。

イラストもアニメーターを器用しているのが、三木氏さんの柔軟性ゆえか。

紹介した本