Fate/strange Fake 1【あらすじネタバレ感想】(電撃文庫・成田 良悟)

あらすじ

TYPE-MOON×電撃文庫×成田良悟で贈る『Fate』新シリーズ

それは「偽りだらけの聖杯戦争」。その聖杯に満ちる魂は、真実か、それとも――。第五次聖杯戦争から数年後、米国西部にて発現した“聖杯戦争”の行方は……。

(電撃文庫より)

感想・レビュー

最高だ、これ。本当にこれを読んだとき、衝撃だったことは今でも覚えています。

一度雑誌の特典小説で読んだけど、全部は掲載されていなかったので、ずっと早く読みたいと思っていました。

忖度抜きにして言うとFateシリーズの中でも一番面白いと思います。

多分これはみんな書き手だったらやりたいけど、不可能というかしんどすぎることを成しているのかと。

簡単にいうなら二次創作の最強版みたいな感じだろうか。

偽りの聖杯戦争、ギルとエルキ、魔術師、使徒、時計塔、教会、協会、警察、ギャング、まだ他にも色々と型月世界が混じり合う。

当時読んだときの感想そのままの熱量で伝えられないのが惜しいくらい展開がぶっ飛んでいてイかれてるし、笑えます。

けどちゃんと面白いし、型月作品を知れば知っているほどこの夢のような作品は面白くて仕方ないですね。

紹介した本