Fate/strange Fake 3【あらすじネタバレ感想レビュー】(電撃文庫・成田 良悟)

あらすじ

偽りの聖杯は、本物の聖杯戦争を呼び起こす――。
TYPE-MOON×成田良悟でおくる『Fate』
超話題のスピンオフシリーズ、待望の第三巻! 

偽りの聖杯戦争を生贄として、本物の聖杯戦争を呼び起こす。それが黒幕たちが執り行った大掛かりな仕掛けだった。
偽りの聖杯戦争最後のサーヴァントにして真なる聖杯戦争の一柱となる英霊、謎の『セイバー』の召喚を皮切りに、真なる英霊の六柱がスノーフィールドの地に続々と出現する。最強の英霊ギルガメッシュと互角に打ち合う『アーチャー』、黒幕の一人ファルデウスが召喚した『アサシン』、そしてフランチェスカが雇った若き傭兵・シグマが召喚してしまった”エクストラクラス”。
だが、シグマはまだ知らない。彼が呼び出したモノが、英雄とも神魔の類とも表しがたい、一際異常な『現象』であるという事を。雇い主の好奇心を満たす為の不確定要素でしかなかった彼が、最大のイレギュラーとして戦いに巻き込まれることも…。
開戦の日の夜明け。スノーフィールドという歪な戦場に、全てのピースが揃おうとしていた。最後に組み上げられる絵の完成図すら、誰一人想像できぬままに。

(電撃文庫より)

感想・レビュー

三巻もぶっ飛んだ内容。素晴らしすぎます。

またもや初の英霊召喚詠唱でお気楽に歌うやつがいたり、自分で自分を呼び出したりとかなり楽しませてもらっています。

このアサシンやギャングたちもめちゃ格好いいんですよ。

本当に再読したい。でも完結してからからのほうがいいかしら。

一年に一巻ペースだから待つのが辛いです。

紹介した本