TAG 江國 香織

一般文芸

号泣する準備はできていた【あらすじネタバレ感想】女性の感情を器用に掬い取った第130回直木賞短編集!

あらすじ 私はたぶん泣きだすべきだったのだ。身も心もみちたりていた恋が終わり、淋しさのあまりねじ切れてしまいそうだったのだから――。濃密な恋がそこなわれていく悲しみを描く表題作のほか、17歳のほろ苦い初デートの思い出を綴…