TAG 野村 美月

ライトノベル・ライト文芸

“文学少女”と死にたがりの道化【あらすじネタバレ感想】(ファミ通文庫・野村美月)

あらすじ 天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井…