かがみの孤城【あらすじネタバレ感想】(ポプラ社・辻村 深月)

あらすじ

あなたを、助けたい。

学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。

(ポプラ社より)

感想・レビュー

第十五回本屋大賞”大賞“受賞作品。このミステリーがすごい!《2018》第八位ノミネート。

辻村深月さん初読みになります。

途中まで読んであれっと不安になった。

ひょっとして著者はこれを一から十まで全部やりきる気なのかしら、と思ったら全部やりきってしまった。

気になって著者のデビュー経緯を見て、なるほどメフィスト賞かと勝手に納得しました。

少しだけツッコミたい所もありましたが、読み終えてこの力強い作品にはそれも野暮だろうと思えました。

いじめ、ファンタジー、時代の普遍性、思春期、家族と色々贅沢に詰め込まれていて、これを書ききった事に感心します。

特に最後、晶子のアフターが、読後を変える素晴らしい要因だと思えました。

関連記事はこちらから↓

紹介した本