ソードアート・オンライン 20 ムーン・クレイドル【あらすじネタバレ感想レビュー】(電撃文庫・川原 礫)

あらすじ

山ゴブリン族オロイによる、人界人ヤゼンの殺害。《禁忌目録》と《力の掟》によって縛られたアンダーワールドの住人には、決して起こすことのできない事件が発生した。
 真相を探るキリトは、暗黒界軍の総司令官イスカーンの助力を得るも、すんでのところで犯人とおぼしき《黒ローブの男》に逃げられてしまう。
 調査が難航する中、アスナは殺害現場である宿屋で《過去覗術》の詠唱を試す。すると意外な映像が浮かび上がり……。 そして、整合騎士見習いのロニエとティーゼに《真犯人》の毒牙が迫る――! 
 《ムーン・クレイドル》編、完結!

(電撃文庫より)

感想・レビュー

前巻同様、ロニエとティーゼの気持ちに整理がついた感じだったかと。

SAOの二巻を思い出すような感じでした。

イラストもピカイチ良かったと思います。abecさんレベルアップしすぎですね。笑

アンダーワールドの話はまだ続くようだけど、本編はとりあえずここまで。

次巻からWEB版でもなかった完全新章になるとのことで、色々楽しみではありますね。

紹介した本