ソードアート・オンライン 21 ユナイタル・リング I【あらすじネタバレ感想レビュー】(電撃文庫・川原 礫)

あらすじ

サバイバルMMO《ユナイタル・リング》にキリトとアスナ、アリスが挑む!

 キリトとアスナが《アンダーワールド》から帰還して1カ月。二人の傍らには、現実世界で実体を得たアリスの姿があった。しかしその平穏は突如破られる。
「…………レベル1…………」
「わたしもレベル1になってる!」
 3人が突如巻き込まれた謎のゲーム、《ユナイタル・リング》。それは《ザ・シード》プログラムで構築された全てのVRMMOが融合した《サバイバルMMO》だった。キリトは開幕早々、愛用の装備をすべて失い、パンツ一枚を残すだけとなってしまう。絶体絶命の過酷な状況下、謎に包まれた《VRMMOSVG》に、キリトが挑む――!

(電撃文庫より)

感想・レビュー

※ネタバレ注意です!

表紙からおお、めっちゃ良い表紙だと思い予約したのは覚えています。

それにアリスがにケモミミ? しかもアリスがまた出てくるの?という感じはみなさんと同じリアクションだったかと。

さぁ、いよいよ新章開始、「ユナイタルリング」編。

ファンの間でもかなり期待値は高くなっていたとは思いますが、難無く乗り越えていく面白さで安心しました。

先生のプレッシャーも半端ではなかったでしょうしけど、キリトがずっとパンイチだったので、よりそれが面白かったですね。

ゲームのシステムも最初から完成されていた今までとは違い、マイクラというかサバイバル感が強めな感じかな。

そして! 最後は一巻以来?に登場だと思います。

みなさん待望のアルゴさん登場という。嬉しかったなあ。

次巻も楽しみですね。

紹介した本