チルドレン【あらすじネタバレ感想】伊坂作品の中でも結構好きな小説

あらすじ

活字離れのあなたに効く、小説の喜び
ばかばかしくも、恰好よい、伊坂幸太郎が届ける「5つの奇跡」

「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の数々――。何気ない日常に起こった5つの物語が、1つになったとき、予想もしない奇跡が降り注ぐ。ちょっとファニーで、心温まる連作短編の傑作。

(講談社BOOK倶楽部より)

感想・レビュー

本屋大賞5位ノミネート作品。

伊坂幸太郎さんは二作目。

上手い。非常に構成が巧みで素晴らしいと思いました。

そしてこれは前回読んだ「陽気なギャングが地球を回す」の時もおもったのですが、伊坂さんは冒頭の掴みがすごく上手いですね。

なので読み始めてすぐにその作品世界に引き込まれます。

もちろん陣内をはじめとした主要キャラクターも非常に魅力的で、かつミステリチックに読ませる。

なるほど、現代小説の読ませ方は案外この人の作品のやり方からかなり影響を受けているのかもしれない。

それ程までに構成と些細な謎が面白い。

本作は連作短編のようなスタイルをとっていますが、普通に長編小説として読めるし、短編小説としても読める顔を持ってもいる。

また最後の落とし所も、なるほど、と良い余韻を感じれます。

個人的に結構好きな作品になりそうです。

本屋大賞歴代受賞作品のノミネートランキングをまとめてみました↓

紹介した本