三日間の幸福【あらすじネタバレ感想】(メディアワークス文庫・三秋 縋)

あらすじ

いなくなる人のこと、好きになっても、仕方ないんですけどね。

 どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。
 未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になるが、何をやっても裏目に出る。空回りし続ける俺を醒めた目で見つめる、「監視員」のミヤギ。彼女の為に生きることこそが一番の幸せなのだと気付く頃には、俺の寿命は二か月を切っていた。
 ウェブで大人気のエピソードがついに文庫化。

(メディアワークス文庫より)

感想・レビュー

旧題「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。」

少し震えた。これが三秋縋さんか、それが素直な感想です。

物事の捉えた方、視点の捉え方など著者は唯一無二のモノを持っています。

言葉に変えて魅せる力は現代作家の中でも突き抜けて、というよりもずば抜けていると感じます。

天才か。

一体どうすればこの様な世界の捉え方と描き方が出来るのか。

物語もSFチックに見せつつ本当に伝えたいことがちゃんとそこにあって、それでも偏らず設定を上手く料理してやって見せた。

趣味と仕事の中間を上手く楽しめているというか、純粋に器用ですね。

是非著者の他の作品も読んでみたいと思える作品でした。

紹介した本