人のセックスを笑うな【あらすじネタバレ感想】(河出文庫・山崎 ナオコーラ)

あらすじ

十九歳のオレと三十九歳のユリ。ふたりの危うい恋の行方は? 年上女性との恋愛を斬新な文体で描いたせつなさ一〇〇パーセントの恋愛小説。全選考委員が才能を絶賛した文藝賞受賞作。映画原作。

(河出書房新社より)

感想・レビュー

第41回文藝賞受賞作。

初山崎ナオコーラ先生で、デビュー作になります。

不思議というかある意味自然体な文体がとても心地よかったです。

題材は恋愛小説なのだけど常に吹き出してしまいそう地雷が仕掛けられているような雰囲気がクセになる感じとでもいうのか。

何処かぎこちない書き出しの文章を読んで、あぁこれはいいなと感じた。こういった感性が文体に出せる人の為に一人称小説があるのではないか?

二つの中短編からなる共通部分である破局の理由が、絶妙に重なっていて凄いなこれって一人で納得していた。

紹介した本