仮想空間計画【あらすじネタバレ感想レビュー】(創元SF文庫 J・P・ホーガン)

あらすじ

科学者ジョー・コリガンは見知らぬ病院で目を覚ました。彼は現実に限りなく近いヴァーチャル・リアリティの開発に従事していたが、テストとして自ら神経接合した後の記憶は失われている。計画は失敗し、放棄されたらしい……。だが、ある女が現われて言う。二人ともまだ、シミュレーション内に取り残されているのだ、と。あまりにリアルな仮想現実から、脱出する方法はあるのか? 『星を継ぐもの』の著者が放つ傑作仮想現実SF!

(東京創元社より)

感想・レビュー

ハードSFの巨匠と言われる著者の「星を継ぐもの」がすごく読みたかったのですが、こちらを先に読むことになりました。

かなり前に読んだので作品なので記憶が少し曖昧ですが、この作品は間違いなく面白かったですね。

90年代に書かれた仮想世界の話ですが、全然そんなの気にならないくらい科学的視点と臨場感もあって、好きな人は楽しめます。

確か主人公の地元がアイルランドの話はだったかな、興味深く読めたと思う。

VR世界と現実の境が無くなっていき、それに気が付きはじめる緊張感のある過程は捲る頁が止まらないです。

紹介した本