編集長殺し【あらすじネタバレ感想レビュー】 (ガガガ文庫・川岸 殴魚)

あらすじ

これがギギギ文庫の日常、だよっ♪

私、川田桃香。ギギギ文庫一年目の新人編集者です!
カバーデザインに悩む今日この頃、編集長にデザイン案を見せにいったのですが……。

「初版500部のオーラね」「なにこのヤ●チャみたいな戦闘力のカバーは」「やり直し。むしろ生まれ直し」

……ボロクソですっ!フルボッコとはまさにこのこと。
編集長は、見た目はたいへん可愛らしい幼女なのですが、中身は骨の髄まで真っ黒なドSロリなのです。
権力(校了)とお金(決済)を握られては、私たちはぜったいに勝てないのです。

こんなときは、頼りになる先輩たちに相談するしかありません。きっと魅力的なカバーの秘訣を教えてくれるはずです――。

「とりあえず、あんたがモデルになりなよ」「体操服がいいと思うんよ」「顔はキリリと睨むのがいいかしらね」

――って、なんでですかっ!?

グチと笑いに満ちたお仕事るぽラノベ!と見せかけたGIGIGI文庫の闇を晒す告発本、ここに校了です! 
今日も元気にギギギっちゃお~♪(ギギギ……疑偽欺……)

(ガガガ文庫より)

感想・レビュー

著者さん初読みになります。

ギギギ文庫に勤める女の子のお話。

半分以上ノンフィクションな感じ、というかそのまんまなのかもしれない編集部事情を、いやガガガ文庫編集部事情を詰め込んだお話。

笑える小ネタもあり、主人公の真面目ちゃん一人称が可愛いです。

そしてロリ編集長の鬼のような厳しさが怖い。

作中の好きな文がありました。

これです。「ラノベの編集部といえばほぼほぼ美少女しかいない。その事はラノベ読者にとって半ば常識となっていますが……」。(笑)

ただ全体的に内輪ネタとしては楽しめましたが、作品としてシナリオを楽しめたかと言われればパンチにかける緩い作品。

だからタイトル詐欺かしら。こんなこと言ったらロリ編集長に怒られそうだ。

紹介した本