豚のレバーは加熱しろ【あらすじネタバレ感想】異世界転生したら豚だった件

あらすじ

転生したら豚だった!美少女にお世話されるなら、こんな冒険も悪くない?

 豚のレバーを生で食べて意識を失った、冴えないオタクの俺。異世界に転生したと思ったら、ただの豚になっていた!
 豚小屋で転がる俺を助けてくれたのは、人の心を読み取れるという少女ジェス。
 ブヒッ! かわいい! 豚の目線なら、スカートの裾からチラリと純白の……。
「あの、心の声が聞こえていますが……」
 まずい! 欲望がだだ漏れだ!
「もしお望みでしたら、ちょっとだけなら」
 え、ちょっ……!? 
 まるで獣のような俺の欲望も(ちょっぴり引き気味ながら)受け入れてくれる、純真な少女にお世話される生活。う~ん、豚でいるのも悪くないな?
 これはそんな俺たちのブヒブヒな大冒険……のはずだったんだが、なあジェス、なんでお前、命を狙われているんだ?

 さあ魔法もスキルも持たぬブタよ、過酷な運命に囚われた少女を、知恵と機転と嗅覚で救い出せ!
 第26回電撃小説大賞《金賞》受賞作、豚転生ファンタジー!

(電撃文庫より)

感想・レビュー

第26回電撃小説大賞“金賞”受賞作。

人が豚の生レバーにあたって、豚に転生したあとのお話。

今や理系的主人公は珍しくなく、異世界転生となれば尚さら多いなか、どうやって色を出していくのかと思いながら読みはじめました。

中盤あたりまでは少々退屈に感じる所もありましたが、それ以降から終わりにかけて何だかんだ面白くなっていき、終盤のタイトル回収が予想以上に綺麗にハマった所があって、とても気持ちよかったです。

あと冷静になってタイトル見たら、なんか笑った。

新人賞なので多分最後の流れは後付けでしょうが、この一冊だけでも綺麗に終わっているので、ここで止めておくのが無難か。

イラストも「ガーリー・エアフォース」の遠坂さんなので綺麗で上手いです。

全体的に優しいテイストなので、ライトノベルを読み始めたばかりの学生さんとかにもオススメ出来るかと思います。

紹介した本