風の歌を聴け【あらすじネタバレ感想】初々しい村上春樹のデビュー作!群像新人文学賞

あらすじ

村上春樹のデビュー作
1970年夏、あの日の風は、ものうく、ほろ苦く通りすぎていった。僕たちの夢は、もう戻りはしない――。群像新人賞を受賞したデビュー作

1970年の夏、海辺の街に帰省した<僕>は、友人の<鼠>とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。2人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、<僕>の夏はものうく、ほろ苦く過ぎさっていく。青春の一片を乾いた軽快なタッチで捉えた出色のデビュー作。群像新人賞受賞。

(講談社BOOK倶楽部より)

感想・レビュー

第22回群像新人文学賞受賞作

初々しい春樹さんのデビュー作です。のちに芥川賞の候補にもなりました。

読み易く、軽い。主人公もどこか宙を歩いているような印象。

先に読んだのが「ノルウェイの森」だったので、進化前のようにも感じました。

ラジオと小説と音楽の融合だったり、時代背景の取り扱いや、特有の比喩表現はやはりこの時から上手いです。

構成もふわふわした感じかと思わせて、かなり計算されていそうな印象もありました。

良い文章もあれば時々粗さが目立つ。

まだ洗練されていない感じも受けました。

終盤、結局こうなんだよ、現実は。という幸せの失望と、微かな希望も感じました。

タイトルもかっこいいですね。

紹介した本