《2017年》このライトノベルがすごい!ノミネートランキング結果発表!今年からランキングが二部門化!新王者が誕生する!

目次から探す

このライトノベルがすごい!《2017年》

文庫部門

第十位「この恋と、その未来。」森橋ビンゴ

あらすじ

『東雲侑子』のコンビで贈る、ためらいと切なさの青春ストーリー登場。超理不尽な三人の姉の下、不遇な家庭生活を過ごしてきた松永四郎。その地獄から逃れるため、新設された全寮制の高校へと入学を決めた彼は、期待を胸に単身広島へ。

知らない土地、耳慣れない言葉、そして何よりもあの姉達との不条理な日々から離れた高揚感に浸る四郎だったが、
ルームメイトとなった織田未来は、複雑な心を持つ……女性!? 
四郎と未来、二人の奇妙な共同生活が始まる――。

(ファミ通文庫より)

感想・レビュー

第九位「この素晴らしい世界に祝福を!」暁なつめ

あらすじ

ゲームを愛する引き籠もり少年・佐藤和真の人生は、あっけなく幕を閉じた…はずだったが、目を覚ますと目の前に女神と名乗る美少女が。「異世界に行かない?一つだけ好きな物を持っていっていいわよ」「じゃあ、あんたで」ここから異世界に転生したカズマの大冒険が始まる…と思いきや、衣食住を得るための労働が始まる!平穏に暮らしたいカズマだが、女神が次々に問題を起こし、ついには魔王軍に目をつけられ!?

(角川スニーカー文庫より)

感想・レビュー

第八位「弱キャラ友崎くん」屋久ユウキ

あらすじ

人生はクソゲー。このありふれたフレーズは、残念ながら真実だ。日本屈指のゲーマーである俺が言うんだから間違いない。だけどそいつは、俺と同じくらいゲームを極めてなお、人生は神ゲーと言いきった。生まれついての強キャラ、学園のパーフェクトヒロインこと日南葵。挙句、「この人生のルールを教えてあげる」だって?……普通はそんなの信じない。だけど日南葵は、普通なんて枠にはまったく嵌まらないやつだったんだ!第10回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。弱キャラが挑む人生攻略論ただし美少女指南つき!

(ガガガ文庫より)

感想・レビュー

第七位「ゲーマーズ!」葵せきな

あらすじ

趣味はゲーム。それ以外には目立った特徴もなく、かといって平凡な日常を愛していたりもしない、真の意味でのモブキャラぼっち高校生、雨野景太。そんな彼が突然、生徒会でハーレムを宣言したり、ゲームであっても遊びではないMMO世界に閉じ込められたりするわけでもなかったのだが…。「…私に付き合って、ゲーム部に、入ってみない?」学園一の美少女でゲーム部の部長、天道花憐に声をかけられるという驚くほどのラブコメテンプレ展開に遭遇。ゲーム好きな美少女たちとのラブコメの始まりかと思いきや!?こじらせゲーマーたちによるすれ違い錯綜青春ラブコメスタート!

(ファンタジア文庫より)

感想・レビュー

第六位「メロディ・リリック・アイドル・マジック」石川博品

あらすじ

東京都沖津区―国民的アイドルグループ・LEDに叛旗をひるがえした女子高生アイドルたちがしのぎを削る街。高校入学に合わせて学生寮に入った「吉貞摩真」はそこが沖津区アイドルたちの根拠地であることを知る。しかし彼にはアイドルを好きになれない理由があった。一方、同じ寮で暮らす「尾張下火」は学校一の美少女「飽浦グンダリアーシャ明奈」に誘われ、アイドルグループを結成する。しかし彼女にはアイドルにまつわる暗い過去があった。言葉にできない二人の秘密が交錯するとき、アイドルの持つ真の力が明らかになる。メロディアスでリリカルなアイドル・熱血ラブコメディ、登場!

(集英社スーパーダッシュ文庫より)

第五位「ゴブリンスレイヤー」蝸牛くも

あらすじ

「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ」

その辺境のギルドには、ゴブリン討伐だけで銀等級(序列三位)にまで上り詰めた稀有な存在がいるという……。冒険者になって、はじめて組んだパーティがピンチとなった女神官。それを助けた者こそ、ゴブリンスレイヤーと呼ばれる男だった。
彼は手段を選ばず、手間を惜しまずゴブリンだけを退治していく。そんな彼に振り回される女神官、感謝する受付嬢、彼を待つ幼馴染の牛飼娘。そんな中、彼の噂を聞き、森人(エルフ)の少女が依頼に現れた——。圧倒的人気のWeb作品が、ついに書籍化! 蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー、開幕!

(GA文庫より)

感想・レビュー

第四位「ソードアート・オンライン」川原礫

あらすじ

「これは、ゲームであっても遊びではない」

クリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは本当の“死”を意味する──。謎の次世代MMO『ソードアート・オンライン(SAO)』の“真実”を知らずログインした約一万人のユーザーと共に、その過酷なデスバトルは幕を開けた。 SAOに参加した一人である主人公・キリトは、いち早くこのMMOの“真実”を受け入れる。そして、ゲームの舞台となる巨大浮遊城『アインクラッド』で、パーティを組まないソロプレイヤーとして頭角をあらわしていった。 クリア条件である最上階層到達を目指し、熾烈な冒険(クエスト)を単独で続けるキリトだったが、レイピアの名手・女流剣士アスナの強引な誘いによって彼女とコンビを組むことになってしまう。その出会いは、キリトに運命とも呼べる契機をもたらし……。果たして、キリトはこのゲームから抜け出すことができるのか。 第15回電撃小説大賞<大賞>受賞作『アクセル・ワールド』の著者・川原礫!

(電撃文庫より)

感想・レビュー

第三位「とある魔術の禁書目録」鎌池和馬

あらすじ

超能力は当たり前の学園アクションストーリー!「超能力」が“一般科学”として認知された世界――。東京西部に位置する人口230万人弱の巨大都市。人口の約8割を学生が占めることから、「学園都市」と呼ばれていた。落第寸前の高校生・当麻は、ある日「魔術(オカルト)」の世界から逃げてきたというシスター姿の少女・インデックスに遭遇。最初は半信半疑だったが、二人の前に本当に魔術師が現れて――!?

(電撃文庫より)

感想・レビュー

第二位「Re:ゼロから始める異世界生活」長月達平

あらすじ

「――たとえ君が忘れていても、俺は君を忘れない。」

コンビニ帰りに突如、異世界に召喚された高校生・菜月昴。これは流行りの異世界召喚か!? しかし召喚者はおらず、物盗りに襲われ早々に訪れる命の危機。そんな彼を救ったのは、謎の銀髪美少女と猫精霊だった。恩を返す名目でスバルは少女の物探しに協力する。だが、ようやくその手がかりが掴めた時、スバルと少女は何者かに襲撃され命を落とした――筈が、スバルは気づくと初めて異世界召喚された場所にいた。
「死に戻り」――無力な少年が手にしたのは、死して時間を巻き戻す唯一の能力。
幾多の絶望を越え、死の運命から少女を救え! 大人気WEB小説待望の書籍化!
――たとえ君が忘れていても、俺は君を忘れない。

(MF文庫Jより)

感想・レビュー

第一位「りゅうおうのおしごと!」白鳥士郎

あらすじ

 16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に押しかけてきたのは、弟子を名乗る小学三年生の少女・雛鶴あい(きゅうさい)だった!?
「え? ……弟子? え?」
「……おぼえてません?」
 憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく――。
 ガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!

(GA文庫より)

感想・レビュー

このラノ!2017ノミネートランキング《文庫部門》

  1. 第一位「りゅうおうのおしごと!」白鳥士郎
  2. 第二位「Re:ゼロから始める異世界生活」長月達平
  3. 第三位「とある魔術の禁書目録」鎌池和馬
  4. 第四位「ソードアート・オンライン」川原礫
  5. 第五位「ゴブリンスレイヤー」蝸牛くも
  6. 第六位「メロディ・リリック・アイドル・マジック」石川博品
  7. 第七位「ゲーマーズ!」葵せきな
  8. 第八位「弱キャラ友崎くん」屋久ユウキ
  9. 第九位「この素晴らしい世界に祝福を!」暁なつめ
  10. 第十位「この恋と、その未来。」森橋ビンゴ

単行本・ノベルス部門

第十位「この世界がゲームだと俺だけが知っている」ウスバー

あらすじ

迫りくるバグ! 襲いくる理不尽! そして、それを覆す圧倒的台無し策!!

”ぼっち”ゲーマーの相良操麻(ルビ:さがら・そうま)は
ある日、悪名高いバグ多発ゲームの世界に入り込んでしまう。
「理不尽」と「運営の悪意」を具現化したような通称<猫耳猫>の世界で
バグ仕様を逆手にとったソーマの冒険がはじまる!

(KADOKAWAより)

第九位「忘却探偵シリーズ」西尾維新

あらすじ

掟上今日子――またの名を、忘却探偵。すべてを一日で忘れてしまう彼女は、事件を(ほぼ)即日解決!あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介(かくしだてやくすけ)は今日も叫ぶ。「探偵を呼ばせてください――!!」スピーディーな展開と、忘却の儚さ。果たして今日子さんは、事件の概要を忘れてしまう前に解決することができるのか?

(講談社より)

第八位「転生したらスライムだった件」伏瀬

あらすじ

何という事もない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた…はずだった。ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない…。そんな状況の中、自分があの“スライム”に転生してしまった事に気づく。最弱と名高いモンスターである事に不満を感じつつも、お気楽スライムライフを満喫する三上悟だったが、天災級のモンスター“暴風竜ヴェルドラ”と出会ったことで運命は大きく動き出す―。ヴェルドラに“リムル”と名付けてもらい、スライムとして新たな異世界生活をスタートさせた矢先、ゴブリンと牙狼族との争いに巻き込まれ、いつしかモンスターたちの主として君臨することに…。相手の能力を奪う『捕食者』と世界の理を知る『大賢者』、二つのユニークスキルを武器に最強のスライム伝説が今始まる!

(マイクロマガジン社より)

第七位「吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる」野村美月

あらすじ

演劇×吸血鬼! ドラマティック青春ノベル、開幕!!

バスケ馬鹿で、強豪校で練習に打ち込んでいた詩也。
けれどある日、”彼女”と出会い、彼は人ではないものになってしまった。
人を遥かに超える身体能力を得たため、バスケも続けられなくなり転校したその先で、詩也はマリア様を思わせる綺麗な先輩に出会い、告げられる。
「わたしと、おつきあいしてください」
つれていかれた先は、演劇部。
そこで何と、先輩の恋人役としてドラキュラを演じることになってしまい……!? 
ドラマティック青春ノベル、ここに開幕!! 

(ファミ通文庫より)

第六位「ニンジャスレイヤー」ブラッドレー・ボンド、フィリップ・ニンジャ・モーゼズ

あらすじ

ニンジャ殺すべし! アニメ化も決定した中毒者続出のニンジャ活劇! 

ニンジャ抗争で妻子を殺されたサラリマン、フジキド・ケンジ。
彼自身も死の淵にあったそのとき、謎のニンジャソウルが憑依。
一命をとりとめたフジキドは「ニンジャスレイヤー」――ニンジャを殺す者となり、復讐の戦いに身を投じる。

近未来都市ネオサイタマを舞台に、ニンジャスレイヤーvsニンジャの死闘が始まった。
マッポーの世に救いは無いのか? 走れ、ニンジャスレイヤー、走れ! 

(KADOKAWAより)

第五位「本好きの下剋上」香月美夜

あらすじ

幼い頃から本が大好きな、ある女子大生が事故に巻き込まれ、見知らぬ世界で生まれ変わった。貧しい兵士の家に、病気がちな5歳の女の子、マインとして…。おまけに、その世界では人々の識字率も低く、書物はほとんど存在しない。いくら読みたくても高価で手に入らない。マインは決意する。ないなら、作ってしまえばいいじゃない!目指すは図書館司書。本に囲まれて生きるため、本を作ることから始めよう!本好きのための、本好きに捧ぐ、ビブリア・ファンタジー開幕!書き下ろし番外編、2本収録!

(TOブックスより)

第四位「無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」理不尽な孫の手

あらすじ

34歳無職童貞のニートは無一文で家を追い出され、自分の人生が完全に詰んでいたと気付く。己を後悔していた矢先、彼はトラックに轢かれ呆気なく死んでしまう。ついで目を覚ました場所は――なんと剣と魔法の異世界だった!!
ルーデウスと名付けられた赤ん坊として生まれ変わった彼は、「今度こそ本気で生きて行くんだ……!」と後悔しない人生を送ると決意する。
前世の知能を活かしたルーデウスは瞬く間に魔術の才能を開花させ、小さな女の子の家庭教師をつけてもらうことに。さらにはエメラルドグリーンの髪を持つ美しいクォーターエルフとの出会い。彼の新たな人生が動き始める。
――憧れの人生やり直し型転生ファンタジー、ここに始動!

(KADOKAWAより)

第三位「蜘蛛ですが、なにか?」馬場翁

あらすじ

女子高生だったはずの「私」は目覚めると…なんと「蜘蛛」に転生していた!周囲は毒カエルや猿の化け物、果ては龍まで…ってコレもう詰んでいない!?種族底辺・メンタル最強女子の、迷宮サバイバル開幕!

(KADOKAWAより)

第二位「物語シリーズ」西尾維新

あらすじ

阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった―!?台湾から現れた新人イラストレーター、“光の魔術師”ことVOFANと新たにコンビを組み、あの西尾維新が満を持して放つ、これぞ現代の怪異!怪異!怪異。

(講談社より)

感想・レビュー

第一位「オーバーロード」丸山くがね

あらすじ

その日、一大ブームを起こしたオンラインゲーム、“ユグドラシル”は静かにサービス終了を迎えるはずだった。―しかし、終了時間をすぎてもログアウトしないゲーム。意思を持ち始めたノンプレイヤーキャラクター。なにやらギルドごと、異世界に飛ばされてしまったらしい…。現実世界ではゲーム好きの孤独でさえない青年が、骸骨の見た目を持つ、最強の大魔法使い“モモンガ”となる。彼が率いるギルド『アインズ・ウール・ゴウン』の伝説が、いま始まる!圧倒的人気のWEB小説の書籍化。

(KADOKAWAより)

このラノ!2017ノミネートランキング《単行本・ノベルス部門》

  1. 第一位「オーバーロード」丸山くがね
  2. 第二位「物語シリーズ」西尾維新
  3. 第三位「蜘蛛ですが、なにか?」馬場翁
  4. 第四位「無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」理不尽な孫の手
  5. 第五位「本好きの下剋上」香月美夜
  6. 第六位「ニンジャスレイヤー」ブラッドレー・ボンド、フィリップ・ニンジャ・モーゼズ
  7. 第七位「吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる」野村美月
  8. 第八位「転生したらスライムだった件」伏瀬
  9. 第九位「忘却探偵シリーズ」西尾維新
  10. 第十位「この世界がゲームだと俺だけが知っている」ウスバー

まとめ

さて、このラノのランキングシステムもがらっと一新されました。

前回「俺ガイル」が史上初の三連覇という快挙を果たしましたが、今年度からは「文庫部門」単行本・ノベルス部門」という2つの部門化がなされました。

「文庫部門」に関しては、文庫本専用のランキング。ここは今までとあまり変わらないのですが、「単行本・ノベルス部門」に関しては、主にB6版などの単行本のライトノベルがランキング対象になります。

ではランキングの所感をざっくりとまとめていきます。

「文庫部門は三年ぶりに新王者が誕生しました。白鳥士郎さんの「りゅうおうのおしごと!」です。おめでとうございます。

ソードやとある、この恋など従来の作品もランクインしましたが、全体的に新規作品のランクインが多く、新時代を思わせる良いランキングになっているのではないかと思いましたね。

新規作品がランクインするのは、業界に勢いがある証拠。引き続き来年も楽しみなランキングになって欲しいところです。

続きまして「単行本・ノベルス部門」。こちらはガラッと新鮮なランキングになりました。

その中でも新部門初代王者は丸山くがねさんの「オーバーロード」に決定致しました。おめでとうございます。

他にもなろう系が幾つかランクインし、野村美月さんなどの実力派から、西尾維新さんに関しては2シリーズもランキングを独占しました。

こちらも面白いランキングとなりましたね。

ではそろそろこの辺でおわります。次回のこのラノ2018でお会いしましょう。さようなら〜。