TAG 本屋大賞

一般文芸

屍人荘の殺人【あらすじネタバレ感想】本格ミステリとゾンビホラーが融合した新感覚の奇作!鮎川哲也賞受賞

あらすじ 神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と明智恭介は、曰くつきの映研の夏合宿に参加するため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子とペンション紫湛荘を訪れる。しかし想像だにしなかった事態に見舞われ、一同は籠城を余儀なくされた。緊…

一般文芸

そして、バトンは渡された【あらすじネタバレ感想】血の繋がらない家族愛に最後は結構泣ける、というか泣いた。

あらすじ 私には五人の父と母がいる。その全員を大好きだ。 森宮優子、十七歳。継父継母が変われば名字も変わる。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた。この著者にしか描けない優しい物語。 (文藝春秋より) 感想・レビュー 第…

純文学・古典

推し、燃ゆ【あらすじネタバレ感想】推しに捧げる現代の若者を描いた新時代の純文学!164回芥川賞受賞作

あらすじ 逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を”解釈”することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し――。デビュー作『かか』が第33回三島賞受賞。21歳、圧巻の第二作。 (河出書房新社より) …