紅蓮館の殺人【あらすじネタバレ感想】探偵VS元探偵。だが燃え盛る炎は、館にいる彼らを待ってはくれない。

あらすじ

山中に隠棲した文豪に会うため、高松の合宿をぬけ出した僕と友人の葛城は、落雷による山火事に遭遇。救助を待つうち、館に住むつばさと仲良くなる。だが翌朝、吊り天井で圧死した彼女が発見された。これは事故か、殺人か。葛城は真相を推理しようとするが、住人と他の避難者は脱出を優先するべきだと語り―。タイムリミットは35時間。生存と真実、選ぶべきはどっちだ。

(講談社より)

感想・レビュー

このミステリーがすごい!《2020年》第6位ノミネート。

阿津川辰海さんは二冊目ですね。

前回の「蒼海館の殺人」を読んで、そちらがとても良かったので、というかそちらが続編でこっちが所謂第一巻になるのですが、率直に面白かったです。

なるほどぉ、という終わり方でした。決してハッピーエンドではないんですけど、すごい心に残るセリフを残した終わり方だったので、一部引用させて頂きます。

「それでも僕は」探偵を辞めた彼女の背中にかけた彼の言葉は、ほとんど悲鳴に近かった。「それでも僕は――謎を解くことしか、出来ないんです」

(紅蓮館の殺人より)

まだ読んでない方には、なんのことだかって感じなんですけど、本作は、本格ミステリだけに留まらず、探偵論にも深く踏み込んだお話だったので、結構最後は重みのあるセリフで良かったなぁと思えました。

なるほど、これが続編での引きこもりスタートに繋がるのか、と納得。

さて、物語は前巻と同様、自然の猛威が館に迫るという展開。

高校生の田所(ワトソン)と葛城(ホームズ)は、合宿の近くに好きな作家の館があると知り、行ってみることに。落雷発生、火事発生。強風発生。火は山々を覆い、囲まれて帰れない。

文豪の館に避難する。先客いた。誰かが殺される。とオーソドックスな展開で、さらに十年前の猟奇殺人事件と結びつける。

ここまでは割と他作品でもあるようなザ本格なのですが、これが探偵論との導線になっていて、トリック解決後も話を最後まで読ませる面白さでした。

ついつい最後まで引き込まれて、捲る頁がトリック解決後に加速するなんて思いもしませんでした。

もちろん阿津川さんのトリックを組み込む技術は、前巻の蒼海館でも散々思い知らされていたので、今巻も流石だなぁという発想力でした。

それにしても詐欺師が住みつき、盗賊いるわシリアルキラーもいるわって、すごい館やなぁ。笑

動機も前巻より良かったと思いますし、特に元探偵の潰し行為が。

まぁ見方を変えると、どいつもこいつも子供じゃねぇか、と思えなくもないんですけど、高校生とはいえ、葛城の青臭い感じが妙に人間味のある風に見えてきて、こんな探偵も面白いもんなんだなぁと個人的には思えましたね。

あとミステリすごい好きなんだろうなぁと、読んでいて勝手に思ってしまうほど、そこかしこのパーツに愛があったように思います。

私は間違えて続編から読んでしまいましたけど、これちゃんと順番に読んだら、また違った形で葛城たちを見れたんだろうなぁと思います。

なんか惜しいことしたなぁ、と。まぁそれくらい良かったということなんでしょう。

この流れでもう一度、蒼海館の方を読んでみたい気持ちもあるのですが、流石に読みたい本がまだまだ控えているので、うーん、厳しいか。でももう一度読んでみたいなぁという気持ちがあるので、皆さんは、是非とも紅蓮館の殺人から読んでみることをオススメします。

もちろん蒼海館からでも全然読めるので、燃やされる恐怖か溺れる恐怖か、好みの方から読んでみるのも良いでしょう。笑

なんか他にも書きたい感想があったような気がしますが、また思い出したら更新します。

それでは今日はこの辺で。お疲れ様でした。

関連記事

紹介した本